洋野町大野 町職員 滝音 博之さん(36)

 担当している洋野町種市のひろの水産会館の3階に、東日本大震災で襲った津波の高さを展示している。災害を忘れずに受け継いでいく一助にしたい。震災で家族は無事だったが、宮古市田老の実家は津波で流された。避難所生活の時、食べるものに困った経験から、家では使った分補うローリングストック法でレトルト食品などを1週間分確保しておくようにして災害に備えている。