たくさんの思い出と、日焼けした笑顔と。2学期が始まった学校に、子どもたちの元気な声が戻ってきた。宿題や提出物を仕上げ、無事に送り出した家庭もほっと一息ついている頃だろう

▼「大丈夫」という子どもの言葉を真に受けていたら、さにあらず。夏休み終盤は慌てる日々が続いた。作文や試験対策に奮闘する中、こんな課題はありがたい。買い物から片付けまでカレーライス作りに挑んだ

▼教科書とにらめっこしながらの調理。危なっかしい包丁さばきについ口が出て、言い争いにもなる。午後いっぱいを費やし、食卓に並べられた夕食。不ぞろいな野菜や肉も、しっかりと煮込めばおいしい一皿だ

▼こちらの切り口は鮮やかなはず。地域づくりへ、それぞれの公約を掲げた熱戦が続いている。市長選と市議選さなかの盛岡市内では、名前を連呼する選挙カーが行き交う。実績や意欲を訴え、手を振る候補者ら

▼夕暮れ時、街頭に立つ一人を見かけた。道行く市民が足を止め、耳を傾けている。報道や選挙公報などでは伝えきれない思いをマイクに乗せた演説。友人に呼び掛けるように飾らない言葉で話す姿が目を引いた

▼きょうは知事選、30日には県議選が告示され舌戦がヒートアップする。候補者が提供する政策メニューの味わいが、有権者の1票を決める。見た目だけとならぬよう。