ラグビーワールドカップ(W杯)2019釜石開催実行委と、W杯日本大会オフィシャルスポンサーのキヤノンは20日、花巻市の花巻空港に、釜石開催をPRするウオールギャラリーを設置した。9月20日の大会開幕1カ月前に合わせ機運醸成を図った。

 同空港1階出発口側ガラス窓に設けられ、釜石市の釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアムで9月25日に対戦するフィジーとウルグアイ、10月13日に戦うナミビアとカナダの4チームのプレー写真で構成。空港利用客は縦1・7メートル、横13・9メートルの迫力ある写真に見入っていた。

 同ギャラリーは県内では昨年8月に盛岡市の盛岡駅東西自由通路、同10月に釜石市鈴子町の三陸鉄道のアンダーパス歩道壁面に設けられ、同空港は3カ所目。