奥州市江刺出身の音楽家故大滝詠一さん(1948~2013年)の代表曲「君は天然色」を同市水沢のJR東北新幹線水沢江刺駅の発車メロディーにしようと、住民団体「大滝詠一応援団」(石川悦哉団長、団員約50人)が活動している。会員制交流サイト(SNS)を活用したPRや今後、署名活動を展開。市などに働き掛け、地域の玄関口を彩るメロディー決定を目指す。

 応援団は今年3月に設立。石川団長(53)=同市水沢花園町=のSNSなどを通じて、活動の趣旨を発信し、月1回ほど楽曲の鑑賞会を開催している。大滝さんの顕彰団体は既にあるが、応援団は発車メロディーの決定がメイン。

 石川団長が、各地で流れる地域ゆかりの発車メロディーを同市にも取り入れようと、10年ほど前から構想を練っていた。CMにも使われ、幅広い世代に知名度が高いことから「君は天然色」を選んだ。

 石川団長は「大滝さんが生み出した音楽は地元の誇り。利用客が『奥州市に来たんだ』と心に残るメロディーを流したい」と意気込む。応援団は市内外問わず団員を募集。問い合わせは石川団長(0197・25・7555)へ。