来春のセンバツにつながる高校野球の第72回秋季東北地区県大会の地区予選は19日、県北地区を除く6地区で組み合わせが決まった。23日から沿岸南地区を皮切りに熱戦が始まる。

 今夏の甲子園に出場した花巻東は紫波・水沢農・雫石と対戦。夏の岩手大会準優勝の大船渡は釜石商工-大船渡東の勝者とぶつかる。夏4強の黒沢尻工は水沢工、一関工は大東との初戦に臨む。

 盛岡地区では盛岡誠桜と盛岡大付の私学勢が初戦で顔を合わせる。連合チームは紫波、水沢農、雫石が花巻地区、西和賀、前沢は北奥地区、山田、宮古水産、住田のリアス三校連合は沿岸北地区から出場する。

 各地区の代表校は9月13日に開会式が行われる県大会(盛岡市・県営球場など)に出場する。