第45回八幡ぽんぽこ市(もりおか八幡界隈(かいわい)まちづくりの会主催)は18日、盛岡市八幡町で開かれた。爽やかな青空の下、夏休み中の子どもや家族連れで活気にあふれた。

 盛岡八幡宮から約350メートルの通りを歩行者天国にして開催。古着や食器、古本などのフリーマーケットや飲食物を販売する出店など約50店が並んだ。

 通りではさまざまな催しが行われ、恒例の流しそうめんには、多くの来場者が涼を求めて参加。約12メートルの竹を流れるそうめんを丁寧にすくって味わい、夏の風物詩を堪能した。

 同イベントは地域活性化を目的に2012年から行っている。