【宇都宮市でNIE・読者部・礒崎真澄】教育に新聞を活用するNIEの第24回全国大会(日本新聞協会主催)は1日、宇都宮市の市文化会館で開幕した。教育、新聞関係者ら約1100人が参加。「深い対話を育むNIE」をスローガンに、2日間の日程で新聞を活用した学びの可能性について理解を深める。

 NIEの先達とされる故大村はまさんを顕彰する「大村はま記念国語教育の会」事務局長で作家の苅谷夏子さんが基調講演。大村さんが第2次世界大戦直後、生徒100人一人一人に新聞で教材を作り、対話を通して行った授業などを例に「大村は考える人を育てる教材作りを大切にした。情報があふれる現在、考えることを促す問いが重要だ」と強調した。

 「新聞で育む深い対話」がテーマのパネル討論では、地元の高校生も登壇。家族で新聞スクラップに取り組む矢板東高2年の吹上二海(つぐみ)さんは「家で新聞を読み話し合うことが、学校で発言する際の分かりやすさにつながっている」と発表した。

 岩手日報社はデジタルサービスコーナーでVRを活用する「碑(いしぶみ)の記憶」や「東日本大震災 犠牲者の行動記録」を生かした学習を紹介した。