三陸鉄道(宮古市、中村一郎社長)は1日、AKB48グループを応援大使に任命した。大槌町本町の大槌駅で任命式を行い、メンバーが沿線の盛り上げと、被災地の継続支援を誓った。

 式には込山榛香(はるか)さん、後藤萌咲(もえ)さんらメンバー6人が参加。中村社長(63)が代表して込山さんに委嘱状を手渡した。たすきを掛けた6人は吉里吉里駅まで列車に乗車。同町末広町のおしゃっちでミニライブも行った。

 同グループは東日本大震災後、「誰かのために」プロジェクトとして被災地でミニライブを継続し、今春のリアス線全線開通時には山田町で記念イベントに参加。今後も同社主催のイベントなどでPRに努める。