花巻市出身のピアニスト坂本知穂さん(東京都)のコンサート「いのち紡ぐピアノ~そしてポーランド」が18日、北上市さくら通りのさくらホールで開かれ、約150人が聞き入った。

 今年日本と国交樹立100周年を迎えた同国の作曲家の作品を披露。「ノクターン第2番」などのショパンやパデレフスキ、シマノフスキを情感豊かに響かせ、大きな拍手を浴びた。

 演奏の間に、国立ショパン音楽院に留学していた1998~2007年の同国の状況などを紹介。日本の病院でがん治療したピアノの師が病院ロビーの電子ピアノで行った感謝の演奏が、患者や医師ら聞く人皆を感涙させたエピソードを披露した。