第14回全国高校生短歌大会(短歌甲子園、実行委主催)第2日は17日、盛岡市松尾町の盛岡劇場で団体戦1次リーグと個人戦が行われ、生徒が若さあふれる表現力を競い合った。団体では前回準優勝の盛岡三が決勝に進出した。

 県勢は花北青雲、盛岡四、盛岡三、盛岡工が出場。21校が7ブロックに分かれて総当たり戦を実施し、先鋒(せんぽう)、中堅、大将の3人一組が与えられた題で作った歌をそれぞれ発表した。審査員からは、作品の背景や込めた思いなどについての鋭い質問が飛んだ。

 最終日の18日は、団体決勝トーナメントと個人の公開決勝審査を行う。1次リーグで敗退した県勢3校は、敗者復活戦に臨む。