2019.08.18

伊藤ふたばら複合へ 世界クライミング

女子スピード予選 27位で敗退した伊藤ふたば=エスフォルタアリーナ八王子
女子スピード予選 27位で敗退した伊藤ふたば=エスフォルタアリーナ八王子

 スポーツクライミングの世界選手権第6日は17日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で、登る速さを競うスピードが行われ、日本勢は男女とも予選敗退で上位16人による決勝トーナメントに進めなかった。男子は6秒292をマークした楢崎智亜(TEAM au)の22位、女子は9秒229だった野中生萌(XFLAG)の25位が最高だった。伊藤ふたば(TEAM au、盛岡中央高2年)は9秒292で27位。

 ボルダリング、リードを含めた3種目の総合成績で複合に臨む男女各上位20人が決定。女子は野中、野口啓代(TEAM au)、伊藤、森秋彩(茨城県連盟)倉菜々子(ウィルスタッフ)が18日の予選に進んだ。

◇     ◇

 伊藤ふたばの話(9秒292で27位)スピードも動きが悪くなかったので(複合予選の)明日しっかり全部の種目を頑張って決勝に行きたい。