盛岡市本宮の県立美術館で開催中の「ホキ美術館展」は16日、入場1万人を突破した。

 1万人目は、青森県弘前市から訪れた船越和幸さん(69)、素子さん(68)夫妻。藁谷(わらがい)収館長から本展の図録など記念品が贈られた。

 船越さん夫妻は「旅行で盛岡に来るたびに美術館に寄っている。こんなことは初めてなのでびっくり。写実絵画がどういうものなのか、楽しみに見たい」と喜んでいた。

 同展は県立美術館、岩手日報社、めんこいテレビ、県文化振興事業団など主催。9月1日まで。午前9時半~午後6時(入館は午後5時半まで)。月曜休館。観覧料は一般1200円、高校生・学生700円、小中学生500円。