楽天4-3ソフトバンク

 5時間を超える接戦は主将の一振りで決着した。楽天は3-3の十一回に浅村、辰己が連続の申告敬遠で1死満塁となった。ここで銀次(盛岡中央高)が甘く入った速球を見逃さず、右前に運んでサヨナラ勝ち。同一カード3連戦3連敗を免れた一打に「打った瞬間に安打だと分かった。すごくうれしかった」と笑みを浮かべた。

 首位ソフトバンク相手に食らいついた。0-2の五回に島内の2ランで追いつき、2-3の八回はウィーラーの適時打で同点とする。八回以降は追加点を与えず、救援陣も踏ん張った。

 銀次は4打数3安打で、今季ソフトバンク戦の通算打率は3割8分を超す。相性の良さを発揮し「自分の打撃ができた」と満足げ。首位は6・5ゲーム差と離れているが、チーム一丸となって1勝をつかんだ。平石監督は「きょうの勝ちはすごく大きい。よくやってくれた」と表情を緩ませた。