大船渡市末崎町の多世代交流施設居場所ハウス(鈴木軍平館長)は15日、同施設で納涼盆踊り・夕市を開いた。帰省客らが流しそうめんなどを楽しみ、夏の思い出を飾った。

 玩具やスイカなどを販売する夕市や射的コーナー、ビアガーデンなど世代を超えて楽しめる催しを繰り広げ、大勢でにぎわった。周辺には竹明かりも設置し、盆の祭りを彩った。

 母の実家があり帰省した東京都杉並区の中田湖乃波(このは)さん(杉並一小2年)は「いろいろな遊びがあって楽しいから毎年来ている。流しそうめんがおいしかった」と満喫していた。