盛岡市のNPO法人盛岡まち並み塾(海野伸理事長)は14日夜、同市鉈屋町のもりおか町家物語館の広場などで、地域伝統の黒川さんさ踊りを住民に披露する迎え盆行事「黒川さんさの門付け」を行った。

 家々が軒先で迎え火をたく中、地元の黒川参差踊連中(北田晴男会長)の20人が門付けを行った。先祖供養の願いを込め、庭鳴らしや剣舞くずしなど地域の伝統的な踊りを披露して見物客らを魅了した。

 家族と訪れた埼玉県ふじみ野市の亀久保小4年西沢蓮哉君は「盛岡さんさ踊りのパレードよりも激しくて迫力があった。きれのある動きがかっこいい」と声を弾ませた。