盛岡市新庄の市動物公園(辻本恒徳園長)は13日、夏休み特別企画として、優勝者に動物との触れ合い体験をプレゼントするじゃんけん大会を始めた。16日まで、体験内容を変えながら連日実施。初日から多くの来園者が挑戦した。

 同日は、ライオンの雌「プリンセス」(6歳)への餌やり体験をプレゼント。家族連れなど約80人がスタッフとじゃんけんし、埼玉県三郷(みさと)市から家族で訪れた彦成(ひこなり)小6年の岩間心さんが優勝した。

 じゃんけん大会は期間中、いずれも正午から同園の芝生広場で開催。プレゼントは14日がアフリカゾウとの触れ合い体験、15日はカピバラとの触れ合い体験で、16日は辻本園長が園内をガイドする。動物の状態などにより、内容が変更になる場合もある。