盛岡市中ノ橋通の盛岡てがみ館(及川政己(せいき)館長)は10月7日まで、企画展「盛岡今昔物語―市制施行130周年―」を開いている。明治から平成の盛岡の歩みを資料とともに振り返る。

 写真や絵はがき、書簡など約100点の資料を「盛岡市誕生」「戦時下」「岩手国体」など各時代の出来事やテーマに沿って展示。時代ごとに変化する市民や街並みの様子がうかがえる。歴代市長のうち16人の経歴や功績、知人らに宛てた書簡も紹介し、人柄や職務への決意などが伝わる。

 午前9時~午後6時(入館は同5時半まで)。入場料は一般200円、高校生100円。中学生以下と65歳以上の市民は無料。毎月第2火曜は休館。問い合わせは同館(019・604・3302)へ。