二戸市石切所の市シビックセンター(冬川昭則所長)内の福田繁雄デザイン館は、同市ゆかりのグラフィックデザイナー故福田繁雄さんの立体作品を展示している。12月1日まで。

 福田さんの没後10年特別展「福田繁雄の迷宮案内」の一環で、ポスター展に続く第2弾。「奇跡の立体編」として、代表作約90点が来場者を驚かせている。

 目玉の一つが、ビーナスの胸像にペイントすることで、聖徳太子など国内外の歴史上の偉人を表現した作品。コーヒーカップやフォークなどの身近なものを変異させた「環境汚染」や、背広の形をしたセーターといったユーモアあふれる作品の数々が並ぶ。

 同館の入館料は小中学生100円、高校生以上200円。午前9時~午後5時。月曜休館(祝日の場合は翌日)。問い合わせは同センター(0195・25・5411)へ。