野田村の特産「荒海ホタテ」は外海で育てるのが特徴で、農林水産省の地理的表示(GI)保護制度に登録されている。甘く肉厚で、高品質なホタテガイの秘密はどこにあるのか―。養殖作業を体験した。

 (久慈支局・向山俊恵)

 春に沖合約3キロの太平洋に投入した漁網を入れた袋(採苗器(さいびょうき))を引き上げ、自然にラーバ(幼生)が付着し成長したホタテガイを大きなネットに移す第1次分散の作業を9日に行った。

 午前6時、野田漁港で沖から回収した採苗器を開くと、小さなホタテガイや他の貝がびっしり。網や袋を振ったり、手で落としたりしていると、数分で汗が噴き出してきた。

◇     ◇

 ルポ全文は、岩手日報本紙岩手日報デジタル版でご覧いただけます。