全国高校総合体育大会(インターハイ)第16日は11日、鹿児島アリーナなどで3競技が行われ、柔道男子で100キロ超級の斉藤立(東京・国士舘)が2連覇を達成し、団体との2冠となった。81キロ級は竹市大祐(福岡・大牟田)、90キロ級は道下新大(国士舘)、100キロ級は森健心(大牟田)が制した。

 空手の団体組手で男子は高松中央(香川)が2年ぶり2度目、女子は御殿場西(静岡)が2年連続5度目の頂点に立った。なぎなたの演技は新川珠羽、上江洲誉組(沖縄・知念)が優勝した。 県勢はなぎなた演技の高村麗羽(うるは)・佐藤遥海(はるみ)(ともに一戸3年)組が予選リーグを突破して決勝トーナメントに進んだが1回戦で敗れた。柔道女子団体の盛岡南は初戦の2回戦で長崎明誠に0-3で屈した。