東日本大震災の被災地支援などをしている団体「ARTS for HOPE(アーツ・フォー・ホープ)」(東京都、高橋雅子代表)は10日、大船渡市盛町のカメリアホールで子どもたちが全身で芸術を楽しむイベントを開催した。

 市内の児童ら約20人が参加。縦3メートル、横6メートルの紙に、3色の絵の具を使って、花の絵を思い思いに描いた。完成後はステージ上に飾り、絵の前で歌ったり踊ったりして楽しんだ。