葛巻町が整備を進める町道茶屋場田子線(1810メートル)の一般公開は10日、同町葛巻の現地で行われた。参加者は町中心部を迂回(うかい)する新たな道路の完成を心待ちにした。

 町民ら約50人が参加。触沢義美副町長が「町道茶屋場田子線はまちづくりに大きな効果が期待できる道路だ。町中心部を周遊できるイベントを企画し、にぎわいの創出を図っていきたい」とあいさつ。参加者は馬淵川の景観を楽しみながら、新道路の完成に思いをはせた。

 同線は片側1車線で道幅8メートル。総事業費は約10億円。9月21日に開通式を実施する予定だ。