西和賀町観光協会(高鷹政明会長)は9日から、同町川尻の湯田貯砂ダム(錦秋湖大滝)のライトアップを活用した見学ツアーを始めた。虹色に輝く水の流れをさまざまな角度で楽しめる。

 初回は県内外から約20人が参加。同協会の高橋春男観光振興マネジャー(60)らが案内役を務め、湯田ダム建設の歴史や貯砂ダムの役割、周辺の自然環境について説明した。参加者は発光ダイオード(LED)照明で彩られた水の流れにカメラを向けて撮影した。

 見学は16、23、30日午後6時半から開催。高校生以下500円、大人千円(税込み)。貯砂ダムのライトアップは9月下旬まで、同6時半~同9時。

 問い合わせ、申し込みは同協会(0197・81・1135)へ。