遠野市土淵町の米通(こめどおり)自治会(佐々木正会長)は、無農薬無肥料で育てたコメを使った「米通どぶろく」を完成させた。コメ作りが盛んだった地域の姿を再現しようと団結した山あい集落7世帯15人の熱意が形となった。

 9日に同自治会館で完成発表会を開催。どぶろくはアルコール度数14度で、ほどよい甘みと辛さのバランスが絶妙だ。同自治会が昨年作付けしたあきたこまちを主原料に、海外でも人気のどぶろく醸造家・佐々木要太郎さん(38)=同市材木町=が仕込んだ。同市のNPO法人遠野まごころネット、流通大手イオンも協力した。

 どぶろくは180本限定で720ミリリットル税込み2500円。問い合わせは販売を請け負う遠野まごころネット(0198・62・1001)へ。