【南部九州総体取材班】全国高校総合体育大会(インターハイ)第5日は31日、宮崎県の都城市体育文化センターなどで11競技が行われ、バレーボール男子の不来方が予選グループ戦で、明和県央(群馬)にストレート勝ちし、決勝トーナメントに進出した。

 ボクシングはウエルター級の和賀聖龍(水沢工3年)、ミドル級の鳥谷部魁(黒沢尻工2年)がそれぞれ2回戦で判定勝ち。ベスト8入りした。自転車は女子ケイリンの山本海美(うみ)(紫波総合3年)が1回戦を突破し、6人で争う決勝に進んだ。

 レスリング男子92キロ級の庭誠弥(種市3年)は3回戦を突破し、準々決勝に進んだ。ソフトテニス女子個人は盛岡誠桜の前角地(まえかくち)彩菜、晴山碧星(そら)(ともに2年)組が4回戦で山形城北(山形)のペアに3-4で競り負けた。