一関市など主催の中学生英語の森キャンプは8月1日まで2泊3日の日程で、同市厳美町のいちのせき健康の森で開かれている。市内と平泉町の中学2年生57人が、県内の外国語指導助手(ALT)11人とともに生活しながら英語を学び、外国文化に理解を深める。

 30日はオープニングセレモニーの後、英語を使ったゲームで交流した。英語で質問し、カードのマスを埋めていくビンゴゲームや、複数人で手をつなぎ、複雑に絡ませた腕をほどく遊びなどを楽しんだ。

 31日、8月1日は、同市の姉妹都市のオーストラリア・セントラルハイランズ市の生徒とインターネット電話で交流するほか、即興寸劇などを行う。