サッカーの明治安田J3・いわてグルージャ盛岡と、女子のプレナスなでしこリーグ1部・INAC神戸レオネッサは8月31日、盛岡市永井のいわぎんスタジアムで各リーグ戦を行う。両リーグの同日開催は県内初。8日は選手らが盛岡市役所を訪れ、「岩手のサッカーを盛り上げたい」と意欲を示した。

 グルージャは宮野聡社長と福田友也、宮市剛の両選手、神戸は文弘宣会長と仲田歩夢、伊藤美紀の両選手が訪問した。

 宮野社長は「レオネッサは全国屈指の強豪チーム。レベルの高い試合を見てもらいながら県民に喜んでもらえるように頑張りたい」とあいさつ。谷藤裕明市長は「初めての企画なので楽しみ。素晴らしいゲームを期待している」と応援した。

 グルージャは午後3時キックオフでFC東京U-23と対戦。神戸は正午キックオフでマイナビ仙台と戦う。