県内各地の肉料理や地ビールを楽しめる「もりおかSUMMERガーデン」(実行委主催)は19~21日、盛岡市八幡町の盛岡八幡宮特設会場で開かれる。今年で2回目で、魅力あふれる食の力で地域を盛り上げる。

 5日は河南地区の住民有志による実行委(豊岡卓司委員長)が会見を行い、概要を発表した。県内13社が短角牛の串焼き、ホルモン焼きなど自慢の料理を出品。このほか地ビールやワイン、日本酒を提供する。

 料理やドリンクの購入はチケット制。200円分お得なプレミアムチケット(2千円)を限定3千枚販売しており、同市大通のサンビル事務所などで購入できる。

 会場には大型テントを設置し、700人分の席を確保する。19日は午後2時~午後9時、20日は午前11時~午後9時、21日は午前11時~午後8時。問い合わせは事務局(019・614・0132)へ。