きたかみ夏油高原ヒルクライム2019(実行委主催)は6、7の両日、北上市和賀町の岩崎地区を会場に行われ、県内外の自転車愛好者が景色を楽しみながら爽やかな汗を流した。

 7日のヒルクライムの部には男女約600人が出場。同市和賀町のいわさき小近くのスタート地点から全長18・1キロ先の夏油高原スキー場を目指した。最大標高差561メートル、平均斜度3%の坂を駆け抜けながら、新緑や入畑ダム湖の景色も楽しんだ。

 大会は今年で9年目。6日は2年ぶりに復活したタイムトライアルの部が行われ約150人が出場した。