大相撲名古屋場所初日(7日・ドルフィンズアリーナ)盛岡市出身で西前頭11枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は西10枚目で新入幕の貴源治に寄り切られ、3場所連続で黒星スタートとなった。

 当たり勝った錦木は左おっつけで貴源治を一気に押し込むも、もろ差しを許して残された。左四つから右上手を許して上体が起き、逆襲の寄りに土俵を割った。

 2日目は東10枚目の琴恵光と対戦する。