オリックス5-2ソフトバンク

 ソフトバンクの松本裕樹(盛岡大付高)は七回まで2安打無失点の好投を見せたが、八回2死から二、三塁のピンチをつくり、無念の降板。直後に嘉弥真が2点適時打を浴びた。それでも、プロ5年目で自己最長のイニングを投げ「自信というか、そういうものも出てきたかなと思う」と納得顔だった。

 二~五回は1人の走者も出さない完璧な内容。緩急をうまく使って内野ゴロの山を築き「元々そういうピッチャー。持ち味は出せた」とうなずく。「今日みたいなピッチングや気持ちで行ければ」と、先発枠への定着に猛アピールした。