【ヒューストン共同】米大リーグは5日、各地で行われ、エンゼルスの大谷翔平(花巻東高)がヒューストンでのアストロズ戦に「3番・指名打者」でフル出場し、三回に5試合連続安打となる13号ソロを放ち、4打数1安打1打点、1得点で1三振だった。チームは5-4で勝った。

 昨年9月以来となった剛腕バーランダーとの対決で、大谷が力勝負を制した。2-1の三回、高めの94マイル(約151キロ)は見逃せばボールとみられたが、力でねじ伏せにきた速球を力で中越えに運んだ。

 25歳の誕生日を自ら祝う一発。前夜にダラスから移動の機内で「多分みんなは日本語だと思っている」という中国のバースデーソングで祝福されたという。新たな1年へ向けて「優勝するのが一番」とあらためて目標を口にした。