2019.07.06

焼石岳(奥州市)=7月5日

つぶ沼分岐点までの残雪なくなる

報告 いわて自然公園特派員 菅原 壮

ジガバチソウ

 曇り空と濃霧にさえぎられて中沼からの眺望などが望めませんでしたが、登山道脇ではヒオウギアヤメ、ハクサンチドリ、リュウキンカ、ミズバショウ、オオバミゾホウズキ、シナノキンバイ、ミヤマキンポウゲ、イワイチョウ、ミツガシワ等々がたくさん観察できます。

 中沼駐車場までは林道が少々壊れていますが通行可能です。登山道は大きな崩落も無く、つぶ沼分岐点までは残雪なくなりました。分岐の雪壁はまだ頑張っていますが、お助けロープとステップで登れます。銀明水から先の雪渓は少なくなりました。「スプーンカット状態」となり氷になっています。

 大雪渓木道の先から50歩程ステップをO氏にお手伝いいただき切りましたが、かなり滑りますので下山時は特に気をつけましょう。

 姥石付近のお花畑は小休止のようです。ハクサンフウロ等が咲き始めるようです。

ヒオウギアヤメ
ウワミズザクラ
オオバミゾホウズキ
ミヤマタチツボスミレ
つぶ沼分岐点
シナノキンバイ
キヌガサソウ「葉の数だけ花びらが付くようです」
スプーンカット状の雪渓
大雪渓「木道の先から50歩程ステップ切りました」
ヤグルマソウ「小さな真っ白い花が綺麗でした」