北上市二子町の障害者就労支援事業所とばせ園(高橋守園長、利用者52人)は29日、業務受託していた同市下鬼柳の和賀川ふれあい広場まごころ花壇の花苗植え付けを終え、市に引き渡した。受託は10回目。釜石市などで開催される9月開幕のラグビーワールドカップ(W杯)に合わせ、花でラグビーボールをデザインした。

 カラフルな花壇の前で利用者の八重樫恵美子さん(47)が市都市整備部の鈴木真部長に書類を手渡し、及川悠行(ゆうこう)さん(27)は「市民の皆さんに喜んでもらえる仕事ができることに感謝し、これからもしっかり花壇の管理をしていきたい」と誓った。

 鈴木部長は「素晴らしい花壇で温かい志が込められている。W杯の試合があるが市民や観光客、プレーヤーにも皆さんの思いがきっと伝わる」と感謝した。