2019.07.30

山田・大槌鯨山に登頂 こちら潮風トレイル部

眼下に船越湾と太平洋が広がる鯨山山頂。県内は10観測地点で猛暑日を記録した=29日、山田町・大槌町境
眼下に船越湾と太平洋が広がる鯨山山頂。県内は10観測地点で猛暑日を記録した=29日、山田町・大槌町境

 長距離自然歩道みちのく潮風トレイル(八戸市-福島県相馬市)を歩く本社取材班「こちら潮風トレイル部」は29日、山田町と大槌町にまたがる鯨山(610メートル)に登頂した。

 この日の県内は高気圧に覆われて晴れ、大槌・新町は今季最高の36・4度(平年値なし)を記録。標高が上がるにつれてナラからアカマツ、カラマツと多彩な表情を見せる鯨山の森の中も手元の温度計で30度を超したが、メンバー4人は柔らかな木漏れ日に癒やされながら歩を進めた。頂では東に船越湾、西に北上高地を望む大パノラマが広がった。

 今回のこちら潮風トレイル部は31日まで休養日を挟んで計6日間活動し、計約68キロを踏破する。30日は大槌町吉里吉里-同町小鎚の約13キロを歩く。

 

 

釜石37度、県内10地点で猛暑日

 29日の最高気温は釜石37・0度(平年比9・5度高)、大船渡35・2度(同8・5度高)、宮古35・0度(同8・9度高)、盛岡33・4度(同4・9度高)など。36観測地点中10地点で猛暑日を記録した。

 

HPでリポート紹介

 岩手日報ホームページ(HP)の岩手トレッキングガイド「Today's I Nature(トゥデイズアイネイチャー)」コーナーで、こちら潮風トレイル部の現地リポートを紹介しています。

岩手トレッキングガイド

関連リンク