大船渡市の大船渡高野球部は29日、同市盛町の市役所を訪れ、戸田公明市長に全国高校野球選手権岩手大会の準優勝を報告した。

 吉田祥(やすし)校長と国保陽平監督、佐々木朗希選手(3年)と千葉宗幸選手(同)らが訪問。戸田市長は「市民を感動させ、夢を与え、元気づけたことに感謝したい」とねぎらった。

 吉田校長は「甲子園出場は果たせなかったが、生徒は全員野球で取り組み誇りに思う」とし、国保監督は「気仙や岩手、日本中からたくさん応援をいただいた。次の大会も迫っているが一生懸命頑張りたい」と前を向いた。

 懇談は冒頭のみ公開。同高によると、生徒側からも市民の応援に対して謝意が示された。