2020年東京五輪出場を目指すアフリカ東部ルワンダの陸上選手ら4人は29日、葛巻町葛巻の町総合運動公園で地元の中高生と一緒に練習し、交流を深めた。

 同国の選手団は23日から、同五輪ホストタウンの八幡平市の協力で、自転車、陸上の選手、コーチらが合宿中。29日は同町を拠点に練習する長距離選手3人、コーチ1人が葛巻、江刈、小屋瀬の各中学校の1~3年生71人、葛巻高陸上部の6人と練習した。

 選手たちは軽やかな走りでペース走をこなしたほか、集団から遅れた生徒の伴走をしたり、練習後にストレッチを教えるなど積極的に交流を楽しんだ。

 陸上選手団は来月13日まで同町で練習する予定。