2019.07.03

秋田駒ケ岳(雫石町、秋田県仙北市)=7月2日7:00~

濃霧と強風の中!

報告 日本自然保護協会 自然観察指導員 鈴木 清明

 

アカモノが道なりにかなりの数で魅せてくれました!

 国見温泉口より入山です。本日の山の天気予報は「C」判定!

 強風を予想しながらも、暫くは樹林帯もあり、行ける所まで行って見て、現地で判断しようと入山しました。

 駐車場には、ニッコウキスゲがあちこちで見られました。

 登り口からすぐに、ウラジロヨウラク、シラタマノキ、ゴゼンタチバナ、イワハゼ、ミヤマハンショウヅル、ベニバナイチヤクソウ、コケモモ、コメバツガザクラ、オオイワカガミ、タカネアオヤギソウ、タカネスミレ、ハクサンチドリ、オニアザミ、その他、花苔の1種コアカミゴケ(硫黄苔:別名:モンローリップ)の赤い唇状の子器が目立ってきていました。

 野鳥ではコルリ、ウグイス、クロジの囀りを確認出来ました。

 今回は、ムーミン谷、大焼け砂分岐点で強風と視界の悪さで諦めて帰路に着きました。 心残りは、チングルマの群落等々観たい花々ありました。またの機会にします!

 帰路、多くの登山者に出会えましたが、今後の天候の回復が見られることを願いながら下山して行きました。

シラタマノキの花がありました!
ベニバナイチヤクソウ紅白で並んで咲いていました!
ムーミン谷・大焼け砂分岐点で濃霧と強風により撤退!
1日花のニッコウキスゲが綺麗に咲いていました!
可愛らしいコケモモが咲いていました!
花苔の子器が赤く見られるようになってきました!
ゴゼンタチバナの見事な群れです!
旅の蝶アサギマダラの大好きなヨツバヒヨドリです!
ノウゴウイチゴ実が付いていました!