県は2日、県内在住の外国人の相談を受け付ける「いわて外国人県民相談・支援センター」を盛岡市盛岡駅西通のアイーナに開所した。相談窓口として明確に位置付け、県内各機関と連携した「ワンストップ窓口」を目指す。改正入管難民法が4月に施行され、増加が見込まれる県内在住の外国人の行政手続きや教育など各種相談に応える。

 アイーナ5階の県国際交流協会の国際交流センター内に設置。同日は関係者約30人が除幕式を行った。

 これまで外国人からの相談を受けてきた国際交流センターの体制を維持。7カ国語に対応する常勤、非常勤の計18人の職員を配置している。74言語に対応する翻訳機4台を新設。今後は労働局など国の機関や行政書士などと連携し、相談体制を強化する。県内各地での巡回相談も行う。

 相談受け付けは午前9時~午後8時。毎月第3水曜日には予約制で行政書士に相談できる。問い合わせは019・654・8900へ。