さいたま市 松本 孝さん(77)

 兄弟夫婦と妻の4人で岩手県を旅行した。宮古市は初めて訪れた。震災前のまちの姿は知らないが、テレビで災害の様子は見ていた。その時と比べると、完全とは言えないがまち並みがだいぶ整っているように感じた。久慈駅からは三陸鉄道に乗り、建設中の防潮堤などを見た。網張温泉の雲海や浄土ケ浜などを写真に収めた。浄土ケ浜では遊覧船に乗り、素晴らしい景色を満喫した。