盛岡市上下水道局は、市制施行130周年を記念した下水道マンホールのふたのデザインを決めた。街頭アンケートを踏まえ、さんさ踊り公式マスコットキャラクター「さっこちゃん」と県のイメージキャラクター「とふっち」を配したデザインにした。計130枚を11月以降に設置する。

 街頭アンケートはデザイン案4案から1案に絞り込むため盛岡駅前で6月8日に行い、市内外の636人が参加。決定デザインは円形のふたがさんさ太鼓に見立てられ、最多の262人(41・2%)の支持を得た。盛岡らしさが表現され、親しみやすく長く愛されるとして採用した。

 デザインマンホールのふたはカラー3枚、黒色127枚を10月までに製作する。カラーふたは同市内丸のもりおか歴史文化館前や中心市街地への設置を予定。