県は27、28の両日、盛岡市前潟のイオンモール盛岡で、東京五輪1年前イベント「いわてスポーツフェスタ Go for 2020」を開いた。県内15市町村がホストタウンとなる12の国・地域の文化やホストの取り組みを紹介し「復興五輪」への機運を高めた。

 セレモニーで鈴木俊一五輪相は「ラグビーワールドカップの勢いを五輪に引き継ぎ、復興五輪を実感できる大会にしたい」とあいさつ。元体操女子日本代表の田中理恵さんらとテープカットした。

 各市町村は東日本大震災後の復興支援を通じた交流や各国の文化をパネルや写真、ゲーム形式で紹介。八幡平市のブースでは合宿で訪れているルワンダの選手と来場者が交流した。