ノルディックスキー・ジャンプ男子で昨季、日本勢初のワールドカップ(W杯)個人総合王者に輝いた小林陵侑(土屋ホーム、盛岡中央高)が28日、北海道の名寄市ピヤシリシャンツェ(ヒルサイズ=HS100メートル)で行われたサンピラー国体記念サマージャンプ大会を93メートル、91・5メートルの合計235・5点で制した。夏の初戦を優勝で飾り「2本きっちりまとめることができた。去年の勢いのままくらいの、いいジャンプができている」と手応えを示した。

 助走路の角度が急に感じるという名寄のジャンプ台は「去年はここで練習しても、試合まで合わせることができなかった」という。今回は「自分のできるジャンプに集中した」。2回ともK点(90メートル)を越え「去年のシーズンを通して戦ってきて、対応能力はついたんじゃないかなと思う」と実感した。