【南部九州総体取材班】全国高校総合体育大会(インターハイ)第2日は28日、宮崎市のKIRISHIMA木の花ドームなどで8競技が行われ、県勢はホッケー男子の沼宮内が2回戦で丹生(にゅう)(福井)に1―2、女子の不来方は初戦の2回戦で八頭(やず)(鳥取)に1―2と競り負け、8強入りはならなかった。

 バスケットボールは男子の一関工が報徳学園(兵庫)に61―98、女子の盛岡白百合学園は中津北(大分)に91―123で敗れ、ともに1回戦で姿を消した。

 サッカー女子の専大北上は1回戦で帝京大可児(かに)(岐阜)に0―1で敗れた。ソフトテニス男子団体の黒沢尻北は1回戦で中京学院大中京(岐阜)に0―3で敗退。相撲団体の平舘は決勝トーナメント1回戦で高岡向陵(富山)に屈した。

 フェンシング男子サーブルの小岩聖那(一関二3年)は29日の予選トーナメント2回戦に駒を進めた。