【南部九州総体取材班】全国高校総合体育大会(インターハイ)は27日、鹿児島市で総合開会式が行われ、高校生アスリートの熱戦が幕を開けた。宮崎市のKIRISHIMA木の花ドームなどで6競技を実施し、県勢はホッケー男子の沼宮内が1回戦で阿南光(徳島)に4-1で快勝した。

 サッカー男子の専大北上は2回戦で京都橘(京都)に1-1からのPK戦で敗れた。相撲団体の平舘は通算2勝1敗で予選を通過し、32校で争う決勝トーナメントに進んだ。フェンシング女子フルーレの菅原優夏(一関二2年)は予選リーグを突破したが、予選トーナメント1回戦で敗退した。