紫波町の金子新聞販売(金子真也社長)は26日夜、矢巾町広宮沢の岩手日報社制作センターで、夏休み親子ミッドナイト新聞印刷工場見学を開き、参加者は新聞が手元に届くまでの過程を学んだ。

 紫波、矢巾両町在住の親子7組15人は藤沢朗センター長らの案内で施設内を見学。印刷のスピードや使用する紙の量などの説明を受けると、驚いた表情でメモを取った。

 同工場見学は、読者に新聞をより身近に感じてもらおうと2016年に始まり4年目。