【アナハイム共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手(花巻東高)は26日、全国高校野球選手権大会の岩手大会決勝で登板を回避して敗れた大船渡高の佐々木朗希投手について「悔しい気持ちはあると思うし、甲子園が全てだと思って取り組むのは高校球児」と思いやった。

 決勝の相手、花巻東高出身で佐々木の郷里の先輩に当たる大谷は「詳しいことは分からない」と前置き。その上で「(佐々木が)この先に進んで振り返ってみれば、一つの過程となるもの。これからも頑張ってほしい」とエールを送った。