一関市中里に整備が計画される複合商業施設は、来年3月に開業する見通しだ。施設名は「いわいショッピングセンターNORTH」とし、ディスカウント大手のドン・キホーテなど4店舗が出店を計画する。

 同市の一関開発(長島大輔代表取締役)が整備し、8月中旬に着工する計画。同社などによると、盛岡市に続き県内2店目となるドンキのほか、ホームセンターのダイユーエイト、子ども用品のバースデイなどが入る予定だ。地元採用も含め計100人程度の雇用を見込む。

 整備予定地は県道一関大東線沿いの「いわいショッピングセンターEAST」北側。敷地面積約3・3ヘクタール、店舗面積計8733平方メートルで、238台分の駐車場も造る。

 今年1月の開業を予定していたが、テナント交渉が難航し計画を変更した。