2019.07.27

釜石でラグビーW杯優勝杯を展示 ファンゾーン開設、長い列

ラグビーW杯の優勝杯「ウェブ・エリス・カップ」を写真に納める男性=27日午前、岩手県釜石市
ラグビーW杯の優勝杯「ウェブ・エリス・カップ」を写真に納める男性=27日午前、岩手県釜石市

 釜石市の釜石鵜住居復興スタジアムで行われるラグビー日本代表のフィジー戦を前に、大型ビジョンで試合を観戦できる「ファンゾーン」が27日、市民ホールに開設され、ワールドカップ(W杯)の優勝杯「ウェブ・エリス・カップ」が展示された。フィジー戦はW杯の前哨戦となるパシフィック・ネーションズカップ初戦で、同日午後キックオフ。

 優勝杯の前には日本代表のジャージー姿のファンらが長い列を作り、順番に記念撮影。無料で顔にペイントを施すコーナーも設けられ、頬に日の丸を描くなどしていた。

 会場では、子どもがラグビーのプレーを体験できるイベントなども実施する。

 

◇     ◇

  9月20日に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の試合会場となる釜石市の釜石鵜住居復興スタジアムで行われる試合日程や、27日に行われた日本対フィジー戦の模様を伝える号外をデジタル版で配信しています。岩手日報デジタル版の申し込みはこちらから。

デジタル版で号外がご覧になれます