紫波町体育協会(小川哲男会長)は28日、同町桜町の町総合体育館で、東北の男子新体操名門校による公開演技「トップクラブに学べ 男子新体操」を開催する。全国高校総体(8月5~7日、鹿児島市)に向けて最終調整に入った盛岡市立高など4校が本番を想定した演技を披露する。

 盛岡市立高、青森県の青森山田高、宮城県の名取高、福島県の会津学鳳高の男子新体操部に加え、盛岡市や滝沢市を拠点に活動する児童による新体操チーム「ホークジュニア」の総勢約70人が出演予定。26日は公開練習を行い、音楽と合わせて一連の流れや動きなどを確認した。

 町体育協会の吉田聡志事務局次長(45)は「全国の舞台を1週間後に控えた選手たちが披露する完成された演技をぜひ見に来てほしい」と呼び掛ける。公開演技は28日午後1時半から。入場無料。